【ライフシフト】アイデンティティを明確にして、悔いのない人生を送る。

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

ライフシフトを久しぶりにまた読んでみた。100年ライフへシフトする時代において、大切なのはアイデンティティだ。なぜアイデンティティが大切なのか?100年という長い人生では、自分のキャリアを常に変化させる柔軟性が必要であり、何度も選択や判断に迫られる。判断するということは、確固たる「自分」を持っていなければならない。揺るぎない「自分」がなければ、間違った選択をすることになる。「自分とは何か?」という問いに対する答えがアイデンティティなのだ。

ここで私の思考回路が止まる。

アイデンティティって??

改めてアイデンティティを明確にしましょう、と言われると、その意味がわからなくなった。ID(身分証明)というイメージはあるが、それはただの名前や所属だったりする。いろいろと調べてみた結果、IDもやはりアイデンティティを理解する上でわかりやすい例だった。

アイデンティティとは「私は〜という人間です」ということ。

  • 家族で考えると、私は3人姉妹の末っ子です。
  • 仕事で考えると、私は○○会社で課長として働いている人間です。

このような形で考えるとよくわかる。環境が自分が何者かを教えてくれる。ただし、アイデンティティは周囲の評価がよくても(たとえば「○○さんは仕事ができる人です」)、自分自身の評価と一致していなければアイデンティティにはならない。自己肯定感を高めなさい、とよく聞くのはこのためだ。周囲からの評価は高いのに「自分は仕事ができない」と考えていてはキャリアアップなどできない。私を含む自分自身を低く評価しがちなみなさん!もう少し他人からの高い評価をそのまま受け入れるようにしてみてはどうだろう。

一昔前とは違い、私たちは自分が望めば世界を旅することができる。世界を広げることで環境が変わる。いままで知らなかった世界に自分を置いてみると、その環境の中で新たな「自分とは?」の答えを見つけられる。その繰り返しで確固たる自分を知ることができるのだろう。アイデンティティをしっかり持ち、人生を自らの手で切り拓く。とても難しいことだが、とにかく行動だ。悔いのない人生を送るために。


【参考書籍】

書籍名:LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略
著書名:リンダ・グラットン, アンドリュー・スコット, 池村 千秋 (翻訳)

スポンサーリンク
グーグルアドセンス広告(PC用)
グーグルアドセンス広告(PC用)

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

★フォローはこちら