反省や振り返りはきちんとしよう。

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

私にとってはあたりまえなことなのに、他の人にとってはどうやらあたりまえではないことがある。

反省と振り返り。

PMP(ProjectManagementProfessional)試験勉強中に一番共感したのはこのフェーズだった。振り返り(よかったことは何か?悪かったところは何か?)をして、今後のプロジェクトの改善につなげる。プロジェクト遂行中、失敗したことは何よりの勉強だ。机上で勉強したことより、体感したことのほうが記憶に残る。次にどう活かせるか?が大切なのだ。

ところが。現実世界では振り返りをせずに完了しているプロジェクトばかりだなと感じる(私がいる職場だけかもしれないが・・・)。大体のプロジェクトマネージャーは品質・コスト・納期を守ってプロジェクトを完了させるところまでは一生懸命やる。

終わった♪

次のプロジェクトだ!

私が見てきた(自称)プロジェクトマネージャーは9割方このタイプ。いやほぼ10割かもしれない。

終わりよければすべてよし。

これほどしっくり来ることわざはない。物事は最終の結末がもっとも大事であり、途中の過程は問題にならない。いつか最後にビシっと決めてくれるプロジェクトマネージャーを見てみたいものだ。

スポンサーリンク
グーグルアドセンス広告(PC用)
グーグルアドセンス広告(PC用)

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

★フォローはこちら