仕事の大半は手段であって目的ではない。

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

仕事の大半は手段であって目的ではない。若手によくありがちな(いや中堅どころでも)考え方なのだが、いま自分がしている仕事が目的となってしまっていることが多い。本来は成果に対してお金を支払っている人に満足してもらえることが目的だ。満足とは「相手の期待を上回って」初めて達成されるものだ。

それを理解しないまま年月を重ね、「自分は仕事ができるようになっている」と勘違いしている人を何度も見てきた。そして、現状に満足して、勉強もせずに過ごしている。いつか終わりが来ることを知らずに。。いま目の前にある仕事をどれだけ改善できるか。自分に足りないものは何か。お金を払っている人は満足しているのか、隠れた不満はないのか。常に疑問を持って仕事はするべきだ。

スポンサーリンク
グーグルアドセンス広告(PC用)
グーグルアドセンス広告(PC用)

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

★フォローはこちら