【How Google Works〜私たちの働き方とマネジメント〜】[意思決定]リーダーにとって最も難しい仕事。

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

戦略を立て、適切な人材を採用し、ユニークな企業文化を醸成するというのはすべて、「意思決定」というあらゆる事業と経営者にとって最も重要な活動のための準備なのだ。

− How Google Works〜私たちの働き方とマネジメント〜 P251 より引用 −

意思決定の判断材料はデータである。グーグルでは、会議で他の人を説得するのに主観的意見は通用しない。会議ではプロジェクターが2台並べられ、1つはTV会議や会議記録用、もう1つはデータ用となっている。まずはデータを見るところから始まる。そして、リーダーが知っておくべきこと。それは。

リーダーは自分には理解できない細部にとらわれず、優秀な部下がそれを理解していると信じること。

このために優秀な人材を採用しているのだ。たしかに私の経験上、信頼できる優秀な部下がいると、細部までチェックする必要がないので、自分の負荷が軽くなる。その分、ほかのことに集中できるし、大体のことは部下が判断して進めているので、意思決定をする機会が減る。

意外だったのは、会議運営は意思決定者が行うということだ。私の職場では、上司に決めて欲しいことがある場合、部下が会議を設定し、資料を用意し、会議の司会進行を努めて…というのが当然だからだ。会社の経営に関わるような重要な会議では、判断内容と同じくらい決定プロセスが大事だと言う。このため、意思決定者が効率的に会議を進め迅速に的確な結果を出す必要があるのだろう。

スポンサーリンク
グーグルアドセンス広告(PC用)
グーグルアドセンス広告(PC用)

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

★フォローはこちら