<ありがとう2017年>今年一年を振り返る〜さまざまな気づきを得られた1年〜

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

2017年も今日で終わり。1年を振り返ってみようと思います。

1月〜6月:資格を取るためにひたすら勉強の日々

年の恒例行事。それは、4月と10月に開催される情報処理試験(国家試験)。特に高度区分と呼ばれる資格群は、IT業界では持っていると何かと重宝される資格です(プロジェクトマネージャー試験など)。業界での評価が高いため、合格すると会社から支給される報奨金の金額がとびきり高い、というのも魅力の一つでした。しかし、勉強時間がそれなりに必要となる資格です。

受かれば天国!落ちると地獄!

2017年春は高度区分8科目中6科目目の合格を狙ったものでした。「システム監査技術者試験」高度区分の中でも最後の砦とされているものです。2回目のチャレンジ。去年は論文が基準文字数に達することができずに惨敗でした。毎年、情報処理試験を受けているので、春と秋は試験日までの4ヶ月間、土日を利用して勉強する、というのが私の習慣となっていました。

4月に試験が終わり、合格発表(2ヶ月後)まではしばしの休憩…。ではなく。休みは欲しいけど、たくさん休むのは性に合わないタイプです。さて何をはじめようか? 業務でも役立つもの? 定型業務を自動化できたらいいな。

そうだ。プログラミングを勉強しよう。

プログラミング系はさっぱりわからないので、たくさんある言語の中からなんとなくJavaを選びました。そして、何らかの達成目標が必要でしょう、ということで、Oracle Certified Java Programmer, Bronze 合格を目指すことにしました。

プログラミングは一からの勉強だったので、なにもかもがわからない…。時間がかかりました。Javaの登竜門「オブジェクト指向」は何度も本を読み返し概念の理解ができるようになりました。そして、受験(※オンラインで受験でき、結果もわりとすぐに出ます)!結果。

JavaBronzeまさかの不合格(;・∀・)

うん。試験中うすうすは気づいてたんですよ。試験対策本の問題と全然違う。。めっちゃ難しいじゃんって。でも、あきらめない!新たな問題集を買い直し、さらに1ヶ月勉強の日々。

JavaBronzeぎりぎり合格ヽ(^o^)丿

2回目も正直泣きそうだったんですけどね(若干自信喪失…)。次はSilver目指すか? とは思えず。。書店で自己啓発系の本を読みながら、これからまたどうしようと考えていました。そんな中。情報処理試験の合格発表日がやってきました。結果。

システム監査技術者まさかの合格(TOT)

超難関だと言われていて、自分としても手応えは感じられなかったので(毎回ないはないのですが)、合格したときは「これは夢か?」と思ったほどでした。5年間続けてきた情報処理試験の受験はこれで区切りをつける。いままで続けていたことがなくなってしまった。そもそも夢を持つことがない私が新たな目標を見つけるのは至難の技。一方、気がつくといい歳を迎えていることに気づきました(遅っ…)。よく「30歳を超えると下り坂のようにあっという間に時間が過ぎていく」というのは本当です。なんだか焦り始めました。このままじゃいけない。。

9月:ブログ開始〜WordPressってなに?

空虚感に襲われた私は書店に通いつめてビジネス系や自己啓発系の本を読み続けました。しかし、焦りとは裏腹に成果がありません。空っぽの自分の中を埋めてくれるものがなかなか見つかりません。そんな中、出会ったのが「LIFE SHIFT〜100年時代の人生戦略〜」でした。「そうか。定年は60歳じゃなくて、80歳になるんだ。そうなんだとしたら、いまからだって遅くない。新たな人生の選択肢を考えてみよう。」仕事のこと、お金のこと、そして自分自身のこと。いままでちゃんと考えてこなかったことをきちんと考える。

思い立ったが吉日。ブログをはじめる本を1冊購入して。そのとおりに実践することにしました。とは言え、やはりうまくいかない。サーバレンタル+ワードプレス。見よう見まねで取り組むのですが、すべての仕組みがよくわからないので、なかなかうまくいきません。1つ目の記事を書くのに3〜4時間かかる始末。勢いではじめるとこんな感じなのか…。準備をせずにはじめたことにより最初から壁にぶつかりまくりでボロボロでした。

〜初回の記事〜

はじめまして。 簡単な自己紹介を。 現在、都内でシステムエンジニアをしています。 性格は真面目、優柔不断。そして。 ...

目標は100記事達成するまで毎日更新すること。

ただそれだけでした。なんのブログなの?と言われても答えることができないけれど。強いて言うなら、自己成長のため、そして、このブログを見て共感してもらえる人がいたらいいな、というだけでした。たくさんのインプットとたくさんのアウトプットをする。とにかく走りながら考える。まだ何も見えていなくても、行動することで何か見えるかもしれない。確実なことなんてなにもない。自分の性格には合わないやり方だけどやるしかない。違う自分を見てみたい。そんな気持ち先行型でした。

ブログを書き始めて真っ先に感じたこと。アウトプットって本当に大変だということ。アウトプットするとインプットに対する自分の理解度がわかります。いままでいかにインプットだけして満足していたことを思い知ることに。そんなわけで。

毎日ネタ切れ。

理由は「インプットが追いつかない」「インプットしても正しくアウトプットできない」この2つに尽きます。。毎日なんでもいいからひねり出して書くことの難しさを知りました。1日1記事(800文字が目安)と決めていても、「明日書けないかもしれない」という不安の波が押し寄せ、1日2記事書くこともありました(笑)。

12月:目標だった100記事を達成〜そしてこれから。

そして、12月。目標だった100記事を達成しました。

書くことで己を知る。

ブログによっていかに自分が無知であるのか。毎日自分と向き合うことで、何が足りなくて何を勉強すべきなのか。毎日自分の考えが目まぐるしく変化していきました。アウトプットを繰り返す中で、もっとも大切だと思ったのは。

何事においても物事の本質を知ること。

たとえば、読書の仕方。ただ読むだけでは身につかない。筆者が何を言いたいのか? 筆者が伝えたいことの本質は何なのか? 一度読むだけではわからないこと。突き詰めて考えてみることが大切だということ。きちんと理解していないと誰かに正しく伝えることができないから。

自己啓発本についての見方も変わりました。自己啓発本って、まさに成功者たちの集大成が詰め込まれているもの。中には10年かけて書いたなんていう方もいます。本の内容はとてもすばらしいと思う気持ちは変わらないのですが、読み手が書かれていることの本質を理解していないと表面的な理解で終わってしまうのではないか? と感じるようになりました。書店には毎月新たなビジネス本や自己啓発本が並びます。本の帯にベストセラーという文字が踊っていて。でも。

こんなに多くの本が売れているのに、読んだ成果を出せている人って近くにいませんよね。。

大切なのは、読んだ内容を掘り下げて考えてみること。入り口は読みやすい自己啓発本でいい。そのあと、参考文献を読むことでより理解を深める。そしてまた自己啓発本を読んでみると本当の意味がわかってくる。自己成長とはこのような繰り返しなのではないか。

つらつらと思ったことを書き続けてしまいました。まとめると。2017年は大きな変化の年でした。いままでの目標を失うことで、新たな一歩を踏み出すことができました。そしてあらためて気づいたのは。

私は勉強することが大好きだということ。

いままで知らなかったことを知ることの喜び。これほど楽しいことはありません。2018年は自分自身の喜びをベースに新たなアウトプットをします。

来年はもっとがんばろう!
アウトプットが誰かの役に立ちますように。
結果としてそこにたくさんの笑顔があればいいと願って今年を締めくくります。

スポンサーリンク
グーグルアドセンス広告(PC用)
グーグルアドセンス広告(PC用)

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

★フォローはこちら