【How Google Works〜私たちの働き方とマネジメント〜】[最高の文化]良い意味の”働きすぎ”

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

最高の文化とは、おもしろい仕事がありすぎるので、職場でも自宅でも良い意味で働きすぎになるような、そしてそれを可能にするものだ。

−How Google Works〜私たちの働き方とマネジメント〜 P98 より引用−

ワークはライフの重要な一部。

ワークライフ・バランス。働きすぎによる社会的な問題が取り沙汰されるようになってから、多くの企業が取り組むべき施策として挙げられている。ワークライフ・バランスは本当に必要なのだろうか?? ワーク(仕事)はライフ(生活)の一部であって、切り離すことができないはずだ。所属する会社のビジョンに共感しているなら?やりたくて仕方がない仕事なら? 働きすぎによる問題は起きないのだから、切り離して考える事自体、要らなくなるのだ。

うつ病の原因は働きすぎではなく、自分にとって本当に大切なことを諦めなければならなくなったときに起きる、と言う。たとえば、子育て中の母親が9時〜17時という時間に縛られて働くことができないといったケース。この問題に対処するために、社員には自由と責任を与えるのだ。

自由には必ず責任が伴う。

全責任を負う覚悟を持った従業員だけが、自由な時間と場所で仕事をするべきだ。有能なスマートクリエイティブなら、自分にとっての最適な働き方を見つけ、必ず仕事を成し遂げようとするからだ。会社も社員も最高の環境で最高の成果を出すために。企業は、自身の文化に共感できる社員を採用し、社員にとって魅力的な仕事を用意する努力をしなければならない。

スポンサーリンク
グーグルアドセンス広告(PC用)
グーグルアドセンス広告(PC用)

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

★フォローはこちら