好きになる仕事はどうしたら見つかるのか?世界を変えるフレームワーク!3つのシンプルなこと。

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

「いまの仕事はやりたいことですか?」

この質問に100%の気持ちで「はい」と答えられますか?

世の中の80%の人が今の自分の仕事を楽しんでいないという平均値があります。「やりたいことがなかったからとりあえずIT業界」これが私の答え。運良く経営が安定した上場企業に入ることができたので、”それなり”の仕事を”それなり”にこなしてきました。

やりたいことがない人だっている。いまの会社でほどほどにがんばって、定年までいれたら御の字。ほんの数ヶ月前まで私はこんな気持ちでいました。理由はいくつかあります。人付き合いが苦手。自己アピール下手。なにより他の人と比べて自分の能力は高くない。などなど、挙げだすとキリがありません。

この考え方、ダメな要素が満載。

自ら進んで自分の可能性を狭めていることに気づきました。「やりたいことがない」って、実は自分のことを知る努力をしていないだけなんじゃないかと。そのような考えが頭をよぎり始めたとき。TED Talks:スコット・ディンズモア:「好きになる仕事はどうしたら見つかるのか」に出会いました。3つのシンプルなフレームワークです。ポイントは「すべて自分がコントロールできること」

ステップ1.自分を知る

すべてはここから始まります。「やりたいこと」が見つからないのは、自分が何をやりたいのか考える時間を設けないから。多くの人は娯楽としてのテレビを見る時間はあるのに、自分自身を知る時間を作らないのです。自分が本当に好きなことを知らずして、無我夢中で一日を楽しく過ごせる仕事を見つけることはできません。自分自身の強みを知る。自分は何が好きなのか?何が嫌いなのか?物事を判断するときの基準としているものは何か?たとえ、お金をもらえなくてもやりたいこと、そして、誰かの役に立つことを考えるのです。

ステップ2.無理だと決めつけずに挑戦する

「自分にはそんなスキルないから」という内なる自分の声とか。「そんなの無理でしょ」という周囲の人の声とか。挑戦する前にあきらめてしまう。今の自分はこんな抑圧で本当の自分を見いだせずに生きてきたということ。いま世の中にある発明品の数々は「そんなのありえない」というところから始まっています。誰かに反対されてもチャレンジする勇気を持ちましょう。

ステップ3.自分がやりたいことをしている人の中に入っていく

自分の可能性を狭めているのは、もっとも近い場所にいる人だという事実を知っていますか?「あなたはあなたが一緒に過ごす時間が多い5人の人の平均である」とよく言いますよね。今の自分に満足していないなら、ぬるま湯につかったような環境から離れること。自分が憧れる環境へ入っていく。ある研究で自転車をやる人は一人よりもグループで自転車に乗る方が速度が上がるという結果が出ています。環境がすべて。世間の80%が好きでもない仕事をしているという状況が自分の好きなことをする妨げになっているのです。

・・・・・

私はまだステップ1をはじめたばかり。毎日、毎週、毎月、、自分が何を求めていて、何をしているときが楽しいのか?それはお金をもらわなくてもやりたいことなのか?とことん考え抜かなければいけません。まだまだ自分探しの旅は続きます。

スポンサーリンク
グーグルアドセンス広告(PC用)
グーグルアドセンス広告(PC用)

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

★フォローはこちら