自信が持てないあなたへ。努力をせずに自信がないと嘆くのはやめよう。

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

「自信が持てない」私の性格だ。たとえば会議で発言するシーン。会議に出席する以上、発言しなければ意味がないというのは心得ている。しかし、意見を述べたあと、”信頼できる”相手が同意してくれるまで不安で仕方がないのだ。なんとも疲れる性格だ。一生付き合わなければいけない面倒な相棒だと半ばあきらめていた。そんな負の要素を抱え続ける私の目に止まったのは「自信がないあなたへのレッスン」20年以上、ワールドカップで1勝もしていなかった日本ラグビーにワールドカップ3勝をあげる歴史的快挙を成し遂げた最強コーチ、エディー・ジョーンズの記事だった。

よく、自信が持てないという人がいますが、理由は簡単です。

準備不足なのです。

自信を持つ方法は、実に簡単です。準備と努力を重ねればいいのです。準備や努力は、貯金のようなものです。すればするほど、自信という貯えは増えていきます。

努力をせずに自信がないと嘆いても、仕方ありません。嘆いている暇があれば、努力をすればいい。そうすれば、いつの間にか想像以上の自信がつき、見たことのない風景が見え始めます。

−最強コーチ、エディー・ジョーンズ「自信がないあなた」へのレッスン

2017年12月3日現代ビジネスより引用−

備と努力。とてもしっくりきた。現実的な問題にあてはめてみよう。私が担当するシステムのお客さま側の担当者Yさんは私以上にシステムに詳しい。誰も勝てる人がいない。性格は少し…厳し目でクセがある。多くの人が勝負を挑んでは大敗する姿を見てきた(基本設計工程で具体的な通信要件をヒアリングしたいのに逆に宿題事項を大量に渡される、といったことだ)。そのような噂が広がるのは早い。勝負せずに逃げることを選ぶ人が多くなった。勝てる自信がないからだ。Yさんに勝つためには準備と努力が必要なのだ。勝つことを意識する。先の状況を読んで、さまざまな対策を練るようになる。いくつもの対策を持っておけば、相手の一歩も二歩も先に立てる。そのためにはYさんの行動研究と技術スキルの勉強が欠かせない。努力を重ねると自分自身の成長にもつながる。Yさんにとっても、自分のために多くの準備をして、努力をしてくれる姿を見たら、悪い気はしないはずである。いつしかYさんとの関係性も変わり、信頼関係を築くことができる。私が知る限り、それを達成したことがあるのは1人だけだ。私を含めほとんどの人が努力することをあきらめていた。

かを達成しようとするとき。努力は必要不可欠だ。成果というのは才能✕努力だからだ。ただ文句を言ってあきらめるのは今日からやめよう。努力の先に訪れるのは、いままで知らなかった新たな世界だ。

[参考サイト]

2017年12月3日 現代ビジネス

最強コーチ、エディー・ジョーンズ「自信がないあなた」へのレッスン

スポンサーリンク
グーグルアドセンス広告(PC用)
グーグルアドセンス広告(PC用)

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

★フォローはこちら