ワインを飲んで楽しく語彙力を鍛える!

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

2017年ボジョレー・ヌーボー解禁しましたね。街ではワインのポスターをちらほら見かけるようになり、なんだかワインが飲みたいモード全開に。さっそくお友達を誘ってイタリアンのお店へ行ってきました。今回おじゃましたのは、ディプント新宿西口店さんです。美味しい料理とワインがいただけます。

メインのワインはボトルで頼んじゃおう♪

ということでさっそくワインリストに目を通します。ワインリストには、ワインの味に関する説明が書かれていました。いつもは「辛口」というキーワードしか気にしていなかったのですが、ワインリストに並ぶ色とりどりの表現力に目が奪われました。

豊かな、すっきりとした、酸味のある、コクがある、ベリーのような、柑橘系を思わせる…

普段自分が使わない言葉が並びます。ワインの味を表現する言葉は数え切れないほどありますね。いままではただ飲んでいただけ。自分の好みか好みじゃないかということしか考えていませんでした。もういい大人ですから(笑)、美味しいお酒を飲んだとき、美味しいごはんを食べた時にきちんと感想を言えるようにしないと!と反省。

お酒を飲んでこんな風に表現力豊かに語れたらどんなに楽しいかな、と想像してみました。自分好みのお酒を探せるようになる。好みの味をお店の方に伝えられるようになる。一緒に飲む相手が好きそうなワインを選べるようになる。気のおけないお友達とならおしゃべりがはずみそう。たくさんの仲間と飲んでいるときは一目置かれそう。なんて。楽しいことをイメージできました。次回、ワインを飲みにいくときまでに語彙を増やしておこうと密かに考えながら、この日は千鳥足で家に帰ったのでした。

スポンサーリンク
グーグルアドセンス広告(PC用)
グーグルアドセンス広告(PC用)

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

★フォローはこちら