【一生使える女性リーダーの教科書】ロールモデルがいないと悩む方必見の一冊!<女性リーダの基本スタイル編>

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

ロールモデルはあなた自身。

府の女性活躍推進を受け、「積極的な女性採用」「既存女性社員の管理職登用」を目標に掲げている企業が多いのではないでしょうか。でも、現実はなかなか進んでいないですよね「責任が重い。」「面倒なことが多い。」「実務から離れてしまう。」などのマイナスイメージや自分の会社に女性リーダーのロールモデルがいない。という悩みが、女性リーダーの活躍にブレーキをかけているのではないでしょうか。そんなお悩みをお持ちの方にぜひ読んでいただきたい本をご紹介します。

「あの人についていきたい」といわれる「女性リーダーの教科書」

著者:山本幸美 (企業コンサルタント会社代表)

成功している女性の条件をまとめたノウハウ本です。

山本幸美さんの簡単なプロフィール

・営業職を志し大手企業に入社したものの、全く売れない時期を経験。

・失敗から多くのことを学ぶ。

・その結果、”全国4000人中1位”の営業成績を残す。

本書で気になったキーワードは”失敗”です。随所で登場します。私は、この言葉から、山本さんが成功を手に入れた理由を伺い知ることができました。

ロールモデルはあなた自身。

女性リーダーが輝くための方法。知りたくありませんか?

男勝りのリーダーシップには限界が来る。

ーダーってどんな人?

決断力があり、部下をぐいぐい引っ張っていく。

こんな、いわゆる”縦型のマネジメント”をイメージする方が多いのではないでしょうか。男性がこのような力強いリーダーシップを発揮すると、かっこいい、とか、頼りがいがある、といったよい印象を持たれるのですが、女性が同じリーダーシップを実践すると、「偉そうにして」と反感をもたれることが多いようです。

かと言って、下手に出てしまうと、今度はメンバーから、「頼りない」と思われてしまい、誰もついてこなくなってしまいます。上からでも下からでもダメ。女性リーダーにおすすめのリーダーシップスタイル。それが、「サーバントリーダーシップ」なのです。

サーバントリーダーシップって?

サーバントリーダーシップとは、シンプルに言えば、「メンバー全員が主役になれるリーダーシップ」のこと。

性リーダーは黒子の立ち位置に徹し、メンバーにスポットライトを浴びてもらうスタイルです。ただし、いつも黒子の立ち位置でメンバーを支えているだけではダメ。

8割をサーバントリーダーシップで臨み、2割は強力なリーダーシップを発揮する、という感じです。たとえば、何かを変えようとするときは、自分が率先してものごとを決断していく。けれども、それを実行していくプロセスでは、徹底的にサーバントリーダーとして支える。

”私も皆と一緒にさらに成長したい、もっと学びたい!一緒にがんばろう”というスタンスでメンバと共に成長していく。メンバーにとっての等身大のロールモデルになる。そんなリーダーシップスタイルが女性を輝かせるのです。明日からは具体的な方法についてご紹介します。

スポンサーリンク
グーグルアドセンス広告(PC用)
グーグルアドセンス広告(PC用)

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

★フォローはこちら