自己成長につながる!失敗しない!読書法(0)<一から出直し編>

★記事が気に入ってくれたらシェア♪


読書方法を見直してみる


毎日、忙しく働くみなさん、読書に関するこんなお悩みありませんか?

・仕事が忙しいので本を読む時間が取れない。

・本を読むのに時間がかかってしまう。

・本から学んだことを活用できていない。

※本=主にビジネス本を指しています。

私もその一人です。

自分の成長のために多くの本から学びたい。

一方、日々の生活の中で、読書のために割ける時間はわずか。

そのわずかな時間でいかに効率よく読むか。

成功している人は多くの本を読んでいます。

1年で400〜500冊読むという方もちらほら目にします。

羨望の的です・・・。

自分がどうやったらそこに近づけるのか?

まずは一つの仮説を考えてみました。

読書の仕方が悪いのではないか?

様々な読書術を見て、自分なりに取り入れてみたものの、

あまり成果が出ていない事に気づきました。

そこで、今回、以下の3つの観点で、

読書の仕方を見直して検証してみることにしました。

① 複数の読書術からあるべき姿をまとめる。

② 実際に実践して、うまくいかないところを知る。

③ うまくいかないところの対処を考え、自分なりのやり方を見つける。

この流れで1日数冊読めるレベルを目指します。

第1ステップとして、様々な方の本から学んだ読書法を調べた内容をまとめます。

第2ステップとして、私が実際にその読書法を試してどのようなことに気づき、

どうカスタマイズしたのか?をお伝えしたいと思います。


効果的に読書をするためのポイント


効果的に読書をするためのポイントは以下の3つです。

(1)本の選び方

(2)本の読み方

(3)本の活用の仕方

これに加え、(0)として、”本を読む前の心構え”があります。

では、順番に見ていきます。


(0)本を読む前の心構え:本を読む目的を持っていますか?


私が本を読む目的は3つあります。

・目標を達成するため。

・視野を広げるため。

・問題を解決するため。

すべて自己成長につながること。

本を読む度、自分の知識不足を痛感するとともに、

成長できる喜びを感じるようになりました。

本を読む前に、自分が何を知りたいのか?しっかり向き合うこと。

目的意識を持つと、脳のパフォーマンスが上がります。

このために必要なのは、自分がどのようなことを学ぶべきなのか?

をはっきりとさせておくことです。

何のために読書するのか?

”読書=楽しむ”というイメージが強いので、

読書に対して目的を持ちましょう!

と言ってもなかなかイメージできないかもしれません。

”読書=学び”にして、

試験勉強を行う場合の進め方に置き換えてみます。

(1)情報収集・・・過去問を解く。

(2)整理・・・過去問から出題傾向をまとめる。

(3)思考または記憶・・・出題傾向が高いものを何度も解く。または記憶する。

(4)実践・・・試験を受ける。

このときの目的達成基準は、期待した効果を発揮して試験に合格することです。

読書も同様です。

どうしたら自分が望む目的達成基準にたどり着けるのか?

上記の(1)〜(4)のどれを目的として読むべきなのか?

まずは、この行動を取ればこの目的を達成できる、

という仮の考えを持つだけでよいのです。

実際に学んでみて、結果がでなければまた違う考えを探します。

書店には多くの本が並びます。

魅力的なノウハウ本。

手に取って少し目を通してみるとなんだかできそうな気がしますよね。

けれど、そのタイミングで自分が学ぶべきことでなければ、

結果的に読書の時間が無駄使いになる可能性が高くなります。

本を読むための目的を明確に持つこと。

これは、本の選び方につながります。

次回は、本の選び方についてまとめます。

スポンサーリンク
グーグルアドセンス広告(PC用)
グーグルアドセンス広告(PC用)

★記事が気に入ってくれたらシェア♪

★フォローはこちら